ポケットWi-Fiをマンションで使うことのメリット

ポケットWi-Fiは、外出先でインターネットを使う際に非常に便利な道具です。

さらにポケットWi-Fiは、ひとり暮らしの方がマンションで使っても以下のようなメリットがあります。

まずは、工事が不要となりますし、部屋中がコードでいっぱいになることも防げます。

また、工事が不要ということは、使えるようになるまでの時間も大幅に短縮できるということも意味します。

つまり、モバイルルーターは購入してから、設定して利用開始するまで1日で済みます。これは、固定回線が申し込んでから利用開始まで約1ヶ月もかかることと比べると、断然短いです。

次に、毎月の通信費も抑えられます。ボケットWi-Fiはフレッツ光東日本と比べて1,600円以上、フレッツ光西日本と比べて200円以上、費用を抑えられます。

さらに、マンションでは固定回線より安定して接続できます。これは次のような事情のためです。

集合住宅においてマンションタイプの回線で契約する場合は、建物のインターネット回線を住戸で共有するため、他の住戸がインターネットに接続していると接続が不安定になったり、最悪の場合接続できなくなることもあります。

でも、ポケットWi-Fiを使うと、他の住戸と回線を共有しないのですから、他の住居がどのようにインターネットを利用しようとその影響を受けるおそれは全くありません。

そしてポケットWi-Fiを使っていると、引っ越すときにも解約手続きは必要ありません。また片づけるための工事も必要ありません。

ポケットWi-Fiをマンションで使う際の注意点

ですが、 ポケットWi-Fiをマンションで使う際には、いくつかのことに注意する必要もあります。

そのうち最大のものは、6階以上のマンションではつながりにくくなるということです。これは、ポケットWi-Fiは屋内では電波が弱いこともあるということと関係します。

次に、ポケットWi-Fiの場合には、月間に7GBや3日間で3GBの通信量を利用すると通信制限がかかり、動画や地図アプリを見るのか難しくなるぐらい通信の速度が遅くなります。このような通信量は、特にマンションの自室から動画を頻繁に見ていると到達してしまいますから、注意が必要です。



TOP PAGE