モトローラから新型スマートウォッチ,Moto360が発表

スマートウォッチ

モトローラのWear OS搭載スマートウォッチ,Moto360の最新機が発表されました。「Steel Gray」,「Rose Gold」,「Phantom Black」の3色ラインナップで,カジュアルなステンレス仕上げのスマートウォッチとなっているようです。

リンク:Moto360

スポンサーリンク

スペック&印象

主なスペックは,プロセッサはQualcommのSnapdragon Wear 3100,RAM 1GB,ROM 8GB,防水機能,一日中持つバッテリーとなっており,FOSSILから8月に発売されたFOSSIL Gen5と同等のスペックとなっています。またNFCも対応しているようですが,FOSSIL Gen5が日本未対応となっているように,現時点では日本で利用できるかどうかは分かりません。

Wear OS搭載のため基本的にアプリでできることは他のスマートウォッチと同じです。Snapdragon Wear 3100でRAM 1GBであればレスポンスに不満はないと思われます。

ハード面の特長は側面の2つのクラウンとボタンでしょうか。回転するクラウンと,カスタマイズ可能なアクションボタンとあるので,おそらくボタンの方に好きなアプリを割り当てて1ボタンで起動できるのだと思います。

実際のフォルム見ないとわかりませんが,バンド幅や2ボタンのフェイスを見た感じ女性や細身の男性に似合う印象です。個人的にはクラウンにモトローラのロゴが刻印されているのが,ワンポイントアクセントでおしゃれだなと思いました。

Comment