ルーチンタイマー:毎日のルーチンをタイマー&音声で知らせてくれてうっかりさん向け

スマートフォン

Twitterなどで大きな反響があった「ルーチンタイマー」のAndroid版が本日11/15にリリースされました。毎日のルーチンワークをタイマーで管理できるアプリです。

 

1つのルーチンに対してどのような作業を行うのかと所要時間を登録でき,1つ1つの作業を音声で案内してくれます。合計時間も表示してくれるのでどの程度作業に時間が掛かるのかぱっと見でわかりやすいし,音声で知らせてくれるのでうっかり忘れてしまうことを防ぐことができます。

Android版はリリースしたばかりですが、少し使ってみた感想と使い方をご説明しようと思います。自己管理の苦手な方やうっかりさん向けアプリです。

今回は「帰宅後にすること」というルーチンを作成し,「夕食の支度」や「お風呂に入る」という作業内容を登録してみます。

スポンサーリンク

使い方

ルーチンタイマーの設定方法
  • STEP 1
    タイマーを新規作成する
    アプリを開き,左下の「+」アイコンをタップして新規タイマーを設定します。
  • STEP 2
    ルーチンの名前を入力する
    「ルーチンの名前」の欄に設定したいルーチンの名前を入力します。

     

    今回は「帰宅後にすること」というルーチンでやってみます。

  • STEP 3
    作業内容を入力する
    続いて上の画像の「例:歯磨き」の欄をタップして,どのような作業をするのか具体的なアクションを入力していきます。

    帰宅後にまず夕食の準備をしたいので作業の名前を「夕食の支度」,作業時間を「25分」を設定しました。入力後,左上の「保存」をタップします。

     

    先ほど登録した「夕食の支度」が「帰宅後にすること」の作業として登録されます。

  • STEP 4
    次の作業内容を入力する
    この後に続く作業を入力していきます。左下の「+」をタップすると,ひとつ下に作業が追加されるので先ほどと同様に作業内容と時間を入力します。

     

    すべての作業の入力が終わったら,左上の「保存」をタップします。

     

    合計時間も表示してくれるので時間管理の目安になります。

  • STEP 5
    設定終了!
    トップ画面に作成したルーチンが表示されます。これでルーチンの設定は終了です。

三角の再生ボタンをタップするとルーチンが始まり,「いまから25分間夕食の支度をはじめてください」と音声案内が入ります。音量の調節は右上の音声アイコンからできます。

 

右側の「>」をタップすると次の作業に移ります。予定より早めに作業が終わったら次に移りましょう。

 

ルーチンは1つだけでなく複数作ることができます。今回は帰宅後にすることを例に出しましたが、起床したらやることや寝る前にやることなどルーチンワークが発生するところであればたくさん利用機会があると思います。

 

作業内容と時間を登録するだけのシンプルなアプリですが,むしろシンプルだからこそ手間もかからず自己管理しやすいのかなと思います。私もそうですが気が散りやすく自己管理苦手な人はめんどくさがりが多い気がしますしね・・・

リマインダーやTodoアプリなど,機能が多すぎて使いこなせないという人にもお勧めです。設定項目が少ないのでめんどくさがり屋や自己管理苦手な方,一度使ってみてはいかがでしょうか。

 

「ルーチンタイマー」のインストールは以下のリンクから

リンク:ルーチンタイマー(Google Play)

Comment