2019年7−9月のスマートウォッチ全体の出荷数は前年比42%増 Wear OSスマートウォッチメーカーは3位以内にはランクインせず

ニュース

世界全体のスマートウォッチ出荷数は,2019年第3四半期で前年比42%増の約1400万台だったらしい。メーカーごとの出荷台数はトップのApple WatchのAppleに続き第2位がサムスン,第3位にFitbitがランクイン。Wear OS搭載スマートウォッチはまだまだシェア的には少ない模様。

 

スポンサーリンク

主要3メーカーでシェア7割

市場全体のシェアを見ると1~3位まででスマートウォッチ全体の約70%を占めている。Fitbitのシェアがこんなに多いとは正直思っていなかったので意外でした。Apple Watch,Galaxy Watchが多いのは分かるけど,HUAWEIとかが多いのかと思ってました。

出荷数の伸び率はAppleの51%もすごいですが,サムスンはそれを超える73%。Galaxy Watchシリーズが好調なんですね。

GoogleのFitbit買収でWear OSのシェアが増えてくれるといいんですけどね。早くPixel watch(仮)を出してほしい。

参照:Strategy Analytics

リンク:Global Smartwatch Shipments Leap to 14 Million Units in Q3 2019

Comment