Wear OS搭載スマートウォッチでできること

wear os Wear OS

Wear OS搭載スマートウォッチでできることについて簡単にまとめてみました。具体的な操作方法については別記事で解説していきます。

スポンサーリンク

Wear OSでできること

Wear OS(正式名称はWear OS by Google)はGoogleが開発したスマートウォッチ向けOSです。スマートフォンと同様にGoogle Playからアプリをインストールして利用することができます。GPSや心拍センサーを搭載したスマートウォッチのであれば,Google Mapsで地図を確認したり,Google Fitで心拍数のトラッキングをすることもできます。

また予定リストの確認や天気予報,ニュースヘッドラインの閲覧などもできます。その他,Googleアシスタントも利用可能で,FOSSIL Gen5などスピーカー搭載モデルでは音声案内も可能です。

スマートウォッチのスクリーンショット(左から天気予報,Google Maps,ニュースのヘッドライン)

 

またスマートフォンとの接続が可能でスマホに来た通知を受け取ることもできます。スマートウォッチの各種設定は,スマホ版のWear OSアプリ(リンク:Google Play)がありそちらで設定することができます。

基本的な機能の紹介

ウォッチフェイス

Wear OSにもスマートフォンでいうホーム画面に相当するものがあり,『ウォッチフェイス 』 と呼ばれています。時計の文字盤のことですね。ウォッチフェイスは自由に変更できるので,色んなフェイスに変更して雰囲気を変えたり気分転換したりすることもできます。

ウォッチフェイス(スマホ側のWear OSのAndroidアプリ上でも変更できる)

プリインストールされているもの以外にもGoogle Playからインストールして好きなフェイスにできます。フェイスの中には文字盤の色や背景画像をカスタマイズすることができるものもあります。Google Playにもウォッチフェイスをカスタマイズできるアプリが公開されており,自分のオリジナルのフェイスを作ることもできます。

タイル

タイル』と呼ばれる機能を利用して,各種アプリに素早くアクセスできます。タイルはホーム画面左スワイプですぐに天気や予定の確認ができます。 タイルに表示させることのできるものは今のところ以下の通り。

  • 予定リスト
  • 天気予報
  • ニュースのヘッドライン
  • Google Fit(運動量や心拍数など)
  • タイマー
Wear OSのAndroidアプリ上でタイルを追加できる

クイック設定画面

Androidと同様にホーム画面で下へスワイプすると,クイック設定画面が表示されます。マナーモードや機内モード,バッテリーモードの変更などを行うことができます。またスマートウォッチ独特の機能ですが,常時表示の設定にしているときに,映画館など消灯しなければならないシーンで強制画面OFFにする「シアターモード」もここからできます。

アプリのインストールや使用

スマートウォッチのGoogle Playのスクリーンショット

スマホと同様にGoogle Playからアプリをインストールすることができます。インストールできるのはWear OSに対応しているアプリのみです。スマートウォッチをお持ちでなくても,スマートフォンのGoogle PlayからWear OS対応アプリを検索することができるので,どんなアプリがあるのか気になる方は探してみてください。探し方は以下の記事を参考にしてください。

特にTodoアプリやタイマー等,簡単な機能だけど利用頻度の多いアプリはインストールしていて損はないと思います。手元ですぐに確認できるのでスマートフォンを取り出す頻度が減ったのを実感しています。「Feel the Wear」というアプリを使えば,特定のアプリのみバイブで通知させることができスマホをいちいち確認せずに済むのでとても便利です。

まとめ

Wear OS搭載スマートウォッチでは普通の時計としての機能はもちろん,スマホとの接続で予定や天気の確認などを手元で簡単に行うことができます。

スマートウォッチといえばやはりApple Watchですが,あの四角いデザインに馴染めない方も一定数いらっしゃると思います。Wear OS搭載スマートウォッチだと端末ごとにデザインが異なるので自分のセンスにあった端末を選ぶことができます。

最近のスマホは大画面でポケットではなくバッグでないと入らないことも・・・。時計なんて時間が分かりさえすればいいじゃないか,と思う方もいらっしゃるかもしれませんが,スマホを取り出すことなくメールや予定を手元で確認できるのはとても便利です。スマートウォッチとの連携でさらに便利になるのでAndroidユーザーには是非お勧めしたいです。

Comment