本を”聴く”Audibleを試してみました。新鮮味はあるがもう少し安くしてほしい

ライフスタイル
スポンサーリンク

『Audible』とは

Audible』とは本を朗読した『聴く本(オーディオブック)』を配信しているAmazonのサービス。40万冊以上が配信中です。

オーディオブックは人が朗読した本を”聴く”ことができるので、ランニング中や料理中、パソコンの作業中など手が空いていない時にピッタリのコンテンツ。

目が疲れず両手をフリーにできる新しい読書スタイルです。

パソコンで作業しながらBGMとして聴くのにちょうどいいかなと思って無料体験を試してみました。

月額1500円で有料会員になると、毎月好きな本1冊と交換できる「コイン」が付与されたり、30%OFFで購入できるなどの特典があります。

有料会員でなくてもオーディオブックは購入できますが、紙の書籍よりも高いため、定期的にい購読するのであれば30%OFFで購入できる有料会員がお得。

30日間無料体験ができる

無料体験のポイント
  • 30日間無料
  • 1冊無料で聴ける
  • いつでも退会可能
  • 体験期間後は月額1500円

オーディオブックに興味はあるが高い・・・という方は無料体験をお勧めします。30日間は月額費用が発生せず無料で会員になり特典を受けることができます。

無料会員になるとコインを1つ付与されます。このコイン1つで好きな本1冊と無料交換できます。いつでも退会できるので無料期間中に1冊試してみてから、体験期間以降も継続するかどうか考えることをお勧めします。

会員のメリット

月1500円する有料会員ですが、大きなメリットもあります。ここでは4つのメリットをご紹介します。

  1. 実質1500円で1冊購入できる
  2. 会員なら非会員価格の30%引き
  3. 本の返品が可能
  4. 退会後でも購入した本を聴ける

オーディオブックは声優さんやナレーター、俳優さんが朗読しているので単価が高く、紙の書籍だと600円のものが3000円ほどする場合もあります。

会員費1500円で1冊無料で手に入ると考えると、月1冊以上購入するのであれば有料会員のほうがお得。

また会員限定で返品することができ、タイトルを聴いてみたらイメージと違っていた、ナレーターの声になじまなかった場合、返品することが可能です。

30日間の無料体験後は料金が発生するため、お金をかけたくないのであれば無料期間中に退会しておくことをお勧めしておきます。解約料などは発生しません。

購入した本は退会後でも聴くことができます。

実際に本を聴いてみた感想

Audibleのスマホアプリが公開されているのでインストール後視聴してみました。アプリのダウンロードは以下のリンクから。

Amazonオーディオブック - Audible (オーディブル)

Amazonオーディオブック – Audible (オーディブル)

Audible, Inc.無料posted withアプリーチ

今回視聴したのは「君の名」はや「天気の子」でおなじみの新海誠の『言の葉の庭』です。

この作品はアニメ版でで登場人物を演じた声優さんが章ごとに朗読を担当しています。入野自由さんや花澤香菜さんらが声で出演しており、非常に豪華なメンツでした。

最初は、アニメと違ってセリフ以外にも地の文も朗読するため、途中で飽きるかなと思ていました。

しかし、実際に聞いてみると意外と聴き入ってしましました。

アニメだと、登場人物の地の文での心情ってセリフにはならないので、表情の変化などにして表現しますよね。オーディオブックだと地の文も読み上げますが、さすがプロの声優さん、朗読でも心情やその変化ががうまく伝わってきました。

アニメ視聴済みでも、また違った楽しみ方ができると思います。

ちなみに、新海誠関連作品4作品をオーディオブックとして配信する新海誠オーディオブックプロジェクトにより人気作品が音声となって配信中です。試し聴きも可能。

Audibleの良い点・悪い点

Audibleの悪い点

とにかく高い

紙媒体だと500~600円の本がオーディオブックだと2000~3000円。単純に高すぎて購入を渋ってしまいます。試し聴きもできるので、一度試聴してからでないとなかなか手を出せない価格です。

会員になれば30%OFFで購入できますが、それでも数千円払って購入するほどの作品が現状あるのかと言われると正直うーんといった感じです。

いきなり購入するには高いので、無料体験中に1冊無料で試すことをお勧めします。

種類が少ない

40万冊配信中と謳っていますが、実際にタイトルを眺めていても紙媒体での有名タイトルは多く配信されていますが、まだまだタイトル不足な印象。

数自体は確かに多いのですが、音声作品向けでないものが多いんじゃないかと思っています。

小説は朗読感覚で聴けるので結構音声向きな印象なのですが、向き不向きを考えて今後のタイトル拡充を期待しています。

メモをしたりマーカーしたりできない

紙媒体だと書籍に直接メモしたりマーカーを引いたりできますが、音声なのでもちろんできません。これがあるので自己啓発系などは不向きなコンテンツなのかなと思っています。

例えばランキング上位にホリエモンなど自己啓発系が並んでいますが、この手の本は何度も見返したり、気になるフレーズをメモしたりしたくなるので、個人的に音声よりも紙媒体のほうが向いていると感じます。

Audibleの良い点

”ながら聴き”ができる

これがオーディオブックの一番の利点ではないでしょうか。

私はパソコンでネットをしながら聴いてみましたが、BGMとしてもいいんじゃないかなと思いました。

サラリーマンにもおすすめです。朝余裕がなくてもaudibleなら支度をしながらでも本を聴くことができるので、毎朝の読書習慣づけに向いているかも。

声優さんの朗読が聞ける

上で紹介した「言の葉の庭」ではアニメで登場人物を演じた声優さんが章ごとに朗読を担当しています。

第一話:入野自由
第二話:花澤香菜
第三話:前田剛
第四話:入野自由
第五話:花澤香菜
第六話:星野貴紀
第七話:小松未可子
第八話:入野自由
第九話:入野自由・花澤香菜
第十話:平野文
エピローグ:入野自由・花澤香菜

他にも井口 裕香さんや雨宮 天さんなど、声優さんや俳優さんが朗読している作品が配信されています。

その方たちの朗読が聞けるという点では、オーディオブックには紙媒体とは違った価値・魅力があります。

目が疲れない、就寝前にもピッタリ

就寝前に読書していると目が疲れてしまいますよね。まあむしろそのおかげで程よく眠気が来てくれるというのもあるのですが、目にはあまり優しくないかも。

オーディオブックでは聴くだけなので就寝前でも目が疲れません。タイマーをセットしておけば寝落ちしても大丈夫。

クラシックとかもいいですが、人の声を聴きながら眠りにつくのも意外といいかもしれません。

まとめ

AmazonのAlexa搭載スマートスピーカーでも聴くことができます。試しにEcho dotで本を聴いてみましたが、就寝前に聴くならこっちがいいかも。

朗読させておいて「15分後に再生停止」と事前に頼んでいれば、しっかり15分後に止めておいてくれるので、寝落ちしても大丈夫。

今のところ高すぎる印象なのでそこさえ何とかしてくれれば面白いコンテンツだと思います。

小説・ライトノベル系は結構向いているんじゃないかと思います。Audible版のサンプル試聴ができるので試してみてください。

私はとりあえず無料体験で満足かなというところですが、有名声優の方が朗読している作品もあり、そっち目当てとかならアリかも。

タイトルとURLをコピーしました