Amazonギフト券も使える。Amazon Payが使えるサイトを紹介

Amazonギフト券も使える。Amazon Payが使えるサイトを紹介

2021年5月12日
ライフスタイル

意外と知られていないことですが、Amazonギフト券はAmazon以外でも使えます。

具体的にはAmazon Payという支払い方法に対応しているサイトで使えます。

Amazon Payとは・・・
Amazon以外のECサイトでも、Amazonに登録されている住所やクレジットカード情報を使って買い物できるサービス。Amazonギフト券も使える。

この記事ではAmazon Pay(Amazonギフト券)で買い物するメリットとデメリット、どんなサイトで使えるor使えないのかご紹介していきます。

使える店の例
・家電・カメラ・AV機器
・ファッション
・食品・飲料・お酒
・スポーツ&アウトドア etc…

Amazon Payを使うメリット

  • 住所情報やお支払い情報の入力が不要に。事前にコンビニ等で現金でAmazonギフト券を購入しておけば、Amazon Payを使うと最短2クリックでお買い物できる
  • Amazon Payが導入されているAmazon以外のECサイトでもお買い物ができる

最短2クリックでお買い物できる

Amazonに登録されている情報を使うため、面倒な名前や住所入力等が不要です。

あ、これ買おうと思ってカートに進むと現れる大量の入力フォーム。面倒くさ~となって余程すぐに買いたいものでなければ後回しにしがちですが、Amazon Payのボタンを押すだけで自動で住所が入力され、数回のクリックで注文が完了します。

Amazonギフト券も使える。Amazon Payが使えるサイトを紹介

Amazon以外のECサイトでもお買い物ができる

Amazonで売っていないものはどうしてもAmazon以外のサイトで購入することになりますが、Amazon Pay対応店舗だとギフト券が使えるため実質Amazonで買い物しているのと同じ状態です。

独自のECサイトだとポイント還元がなかったり、少なかったりしますが、ギフト券購入でポイント還元があるため少しだけお得に買い物できます。

Amazon Payを使うデメリット

ギフト券での決済になるためクレジットカードのポイントが付かないこと。

大きなデメリットはこれくらい。これについては、ギフト券購入で得られるポイントがクレジットカード以上の還元率であれば問題ないないですね。

プライム会員かつ、一度にまとめてギフト券購入すれば最大2.5%までポイント還元があります。

Amazonギフト券も使える。Amazon Payが使えるサイトを紹介

あとは対応店舗がまだまだ少ないこと。僕もネットでよく買い物しますが、Amazon Payを使える店舗を見つけたら随時追加していきます。

Amazon Payが使えるサイト

以下のサイトはAmazon Payに記載されていたサイトの一部。家電であればAnkerコジマネットなど大手家電量販店サイトでも買い物ができるのが特徴。また、漫画全巻ドットコムなどエンタメ系のサイトでも買い物可能。

ちょっとびっくりしたのはふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」も対応していること。

僕のおすすめはPUBLIC TOKYO。シンプルで多彩なシーンで着用できるアイテムを取り揃えたファッションブランド。Made in Japanすべての製品がなのも特徴。

個人的おすすめECサイト
PUBLIC TOKYO
O0u

Amazon Payが使えない場合

Amazon Payが使えないのは以下のような状況。

Amazonギフト券のご利用が対象外となるのは、定期購入/サブスクリプション型に代表されるお支払い方法設定購入商品・サービスへのお支払い/定期払い、一部を除いたアプリ上でのお支払い、Amazon Alexaスキルでの決済の場合、実店舗でのQRコード決済の場合、およびAmazonギフト券の使用制限に該当する場合などです。(2020年6月現在)

Amazon Payより

まとめ

ポイント還元のあるギフト券ですが、Amazon以外のサイトも使える場所がたくさんあります。

ポイント還元はもちろんですが、初めて買い物するサイトでも名前や住所等、個人情報の入力の手間が一切かからないことが嬉しいですね。