【最新デスク環境】FlexiSpotと有孔ボードで機能性向上

iPhoneからSSDに写真データをバックアップする方法

昨年末から猫ちゃんを家族に迎え、毎日のようにiPhoneで写真を撮っています。

可愛すぎて猫ちゃんの写真だけでもかなりの量になり、iPhoneのストレージを圧迫してきました。

そこでiPhone本体の容量を空けるために外付けSSDにデータを移行してみました。iCloudにバックアップすることも考えましたが、iCloudはサブスク制で毎月のランニングコストが発生します。今回はできるだけ費用を抑えるために元々カメラ用として持っていたSSDを使いました。

この記事では現在僕が使用しているiPhone 15 ProとSanDiskのSSDを例にデータの移行方法を解説していきます。

目次

使用したSSD|SanDisk SDSSDE61-1T00-GH25

iPhoneからSSDに写真データをバックアップする方法
iPhoneからSSDに写真データをバックアップする方法

今回使用したのはSanDiskの外付けSSD。iPhoneよりも一回り以上も小さく、非常にコンパクトです。Amazonでも常にランキング上位にいます。転送速度はスマホ用としては申し分なく、スマホ用以外でもカメラで撮影した写真の保存にも向いています。

ストレージ1TB
読み出し最大1050MB/秒
書き込み最大1000MB/秒
接続インターフェイスUSB Type-C(USB 3.2 Gen 2)
サイズ10.1×5.2×1.0cm
重量110g
その他防塵防滴、高耐久性、ケーブル付属(Type-C to C、C to Aコネクタ)

iPhoneからSSDへのデータ移行手順

それでは本題であるiPhoneからSSDへのデータ移行について解説していきます。やり方は簡単で、移行する枚数にもよりますが数分〜5分程度あれば移行可能です。

STEP
iPhoneとSSDをケーブルで接続

まずはiPhoneとSSDをケーブルで接続します。僕が使っているiPhone 15シリーズはType-Cに対応しているためSSDに付属していたType-Cケーブル1本で接続可能です。

iPhoneからSSDに写真データをバックアップする方法

もしiPhone 15シリーズ以前を使っていたり、SSD側が別の端子であればその端子に対応するケーブルやコネクタが必要になります。

接続しているかどうかの確認方法

「ファイル」アプリを開いて、「場所」の欄に接続したSSDが表示されていれば無事接続されています。

iPhoneからSSDに写真データをバックアップする方法
STEP
iPhoneの「写真」アプリで移行したい写真を選択

次に「写真」アプリを開きます。右上の「選択」を押した後に、移行したい写真をタップして選んでいきます。

iPhoneからSSDに写真データをバックアップする方法
STEP
左下の「共有」マークを押して「ファイルに保存」を選択

選び終わったら左下の「共有」を押します。

iPhoneからSSDに写真データをバックアップする方法

画面が切り替わるので少し下にスクロールして「ファイルに保存」という項目を押してください。

iPhoneからSSDに写真データをバックアップする方法
STEP
SanDiskのSSDを選択し右上の「保存」を押す

「ファイル」アプリが表示されるので保存先のSSDに移動して右上の「保存」を押します。

iPhoneからSSDに写真データをバックアップする方法

これで移行完了です。

STEP
移行した写真をiPhoneから削除する

SSDに保存しただけではiPhone内からは削除されません。iPhone内に必要ないのであれば「写真」アプリから削除しましょう。

まとめ

iPhoneから外付けSSDにデータを移行する手順について解説しました。

真っ先にiCloudのプランを上げることも考えましたが、利用可能な容量と維持費を考えると写真の移行だけならSSDがお得だと思います。

iPhoneの容量がいっぱいになってきたのであればSSDにデータを移行することを検討してみてください。

【今回使用した外付けSSD】

シェアしてもらえると嬉しいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次