【2020年】20代後半サラリーマンの私が上半期に買ってよかったもの 10選

買ってよかったモノ

2020年もいよいよ半分終わってしまいますね。ここ数か月コロナの話題で持ちきりで、年明け早々注目を集めたカルロス・ゴーン氏の日本脱出が遠い昔のようです。

上半期を振り返ると、外出自粛の影響で自宅にいる時間が長くなり、デスク周りが色々と充実したなあと思います。給付金があったのも大きいですね。

服やバッグなども買ったのですが、外出できないのでなかなか出番がないのが残念ですね・・・。PC周辺機器が多めですが、上半期に買ったモノたちをご紹介していこうと思います。

マウス:MX MASTER3

電磁ホイールによる快適スクロールがウリのマウス。スピン中はホントに無音です。ボタンの割り当てもアプリごとに分けて登録できます。ジェスチャーボタンを押すとスクリーンショット撮影できるようにしてみましたが、これが結構便利でした。

手へのフィット感もよく長時間使っていても疲れにくいです。ただ手のサイズにもよると思うので人を選ぶマウスかも。私も欲を言えば、サムホイールがもう少し手前に付いていれば完璧だったなあと思っているところです。

機能はもちろんですが、デザインもカッコいい!シックで他のガジェットとよくマッチしてます。

約13,000円と高いだけあって機能性、デザインともに所有欲を満たしてくれる一品でした。

キーボード:HHKB Professional BT

「静電容量無接点方式」による打鍵感がとても気持ちいいBluetoothキーボード。管理人が使用しているのは日本語配列/墨モデル。

かな表記が排除され見た目がとてもシンプル。ノイズの少ないデスク環境を実現するために購入しました。不満点は特殊なキー配列になれるのが大変なところ。

ちなみに管理人が使用しているのは前モデル。いまは最新モデルが出ていますが、前モデルが安く購入できるので、まずはそちらを試すのもおすすめ。

↓↓↓管理人の使用モデル↓↓↓

↓↓↓最新モデル(英語配列)↓↓↓

4Kディスプレイ:LG 27UL500-W

LGの4Kディスプレイ27UL400-W

フルHDからの買い替えでした。27インチでそこそこベゼルが狭くて、IPSディスプレイ、VESAマウント有、価格は3万円台という条件でこのディスプレイに決めました。

フルスケールだと文字が小さすぎるのでスケーリングを調整。広すぎる作業領域もウィンドウ分割アプリを使えば有効活用できます。

また、HDMIとDisplayPortケーブルが付属しているので届いてすぐに使えます。モニターアームもあると目線に合わせて高さ調整できるので便利。

デスクライト:山田照明 Z-LIGHT Z-108NB

老舗照明メーカー山田照明のデスクライト。可動域が広く、関節部分がなめらかに動いてくれるので物撮りやPCなど作業に応じて角度を変えやすいです。

1万円で購入できるデスクライトの中ではかなりいい部類に入ると思います。無骨なデザインでお気に入り。

日用品:無印のスポンジせっけん

これを導入したおかげで洗面台と浴室のヌルヌルから解放。不快感が軽減されました。

発泡ウレタンでできた石鹸置き場で、石鹸を使った後に水が残らず乾いてくれるので常に清潔さを保てます。使っているうちにどうしてもウレタンのほうに石鹸がこびりついてきますが、水で洗えば元通り。

地味なアイテムですが掃除が少し楽になりました。

日用品:アースノーマットBOTANICAL

蚊取りと言えばアースノーマットですが、あのいかにもノーマット!!という雰囲気が苦手でした。このアースノーマットBOTANICALは木目調で基本的にどんな部屋に置いても雰囲気を壊すことがないのでおすすめ。

バッグ:Bellroy Sling Premium Edition

オーストラリアのブランドBellroyのバッグ、SlingのPremiumモデル。前面のレザーとウェビングストラップのコントラストが非常に良く効いていて、シンプルですが高級感があります。とにかくシックでカッコいい!

メインコンパートメントにはキークリップを備え、マグネットクラスプ付きストラップで着脱しやすく機能性も◎。軽量かつ十分な容量で街歩きに最適。

余計な装飾がなくノイズの少ないデザインで、Tシャツにもきれい目の服装にも合わせやすいデザインです。

落ち着きのあるカッコよさで、20代後半サラリーマンの管理人が使っていても全然問題ないです。

こちら↓↓↓はレザーではなくナイロン製ですが、サイズは同じでもう少しお安い通常モデルもあります。

もう少しコンパクトなものをという方はMiniサイズもあります。

Tシャツ:PUBLIC TOKYO

普段は無印やUNIQLOを着ることが多いのですが、世の中にはこれらを着ていると「え~それってUNUQLO?笑」という方が一定数存在します。

だけどあくまでもロゴなし無地でシンプルな服装にしたいので私が選んでいるのが『PUBLIC TOKYO』。ALL MADE IN JAPANで上品な製品づくりをしているブランドで、原価率が高めらしく、コスパの観点からも良い製品です。飾りすぎずベーシックなシルエットが多い印象。

上の写真はヘビーウェイトオーバーサイズTシャツボックスシルエットでビッグシルエットのTシャツです。丈感が良く、ジーンズやアンクルパンツにもよく合います。厚手でしっかりとした生地です。

パンツ:無印良品のスキニーパンツ

スキニーですが、伸張性に優れていて立ったり座ったりしてもパツパツ感が少ないです。スキニー苦手な私が気に入っているパンツ。

ビジネスカジュアルの許容される職場であれば、十分履いていけます。公私ともに活躍してくれているコスパ良の万能パンツです。

最近の無印良品のパンツ、Tシャツは個人的に当たりが多くてもう無印だけでもいいんじゃ?と思ってしまいますね。

キャッシュレス:新Kyashカード

キャッシュレス化を進めていこうと思って作りました。買ったモノとは厳密には違いますが、手に入れたものということで紹介。

常時還元率1%でタッチ決済にも対応。クレジットカードとの連携による自動チャージ機能も備え残高切れの心配も不要。

加えて表面には番号の記載もなく、無駄を削ぎ落したデザイン。キャッシュレス、ミニマルといった志向の方はきっとハマるアイテムです。

2020年下半期は・・・

コロナの影響でまだまだ外出自粛は続きそうですね。家にいる時間が長いので、モチベーション向上のためにも、デスク環境をもう少し見栄え良くできたらなあと思っています。

お部屋改善だとAlexaと連携させてスマートホーム化も進めていきたいです。あとはdripさんのお財布『PRESSo』が気になっているのでキャッシュレスも頑張っていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました