【レビュー】超ミニマルなiPhone SE2用ケース、MYNUS iPhone SE CASE

【レビュー】超ミニマルなiPhone SE2用ケース、MYNUS iPhone SE CASE

2020年6月23日
ガジェット

「引き算の美学」で知られる『MYNUS』のiPhoneケース。

一切の無駄のないシンプルさが人気です。

ほんとに何の特徴もないので、もはや純正のケースなのでは?と思うほどiPhoneにマッチします。

iPhoneの本来の美しいフォルムを残しつつ、保護したい方におすすめのケース。

ケースの印象や着用感についてレビューしていきます。

ロゴなしで超シンプルな外観

マットホワイトとマットブラックの2色展開。

今回はホワイトのiPhone SE2にマットブラックを着用してみました。

ケース外側

ケースはABSエラストマー素材、マットブラックはラバー調コーティングが施されています。

マットな質感で側面の曲線がとてもきれいです。グリップ感も良好。

触感はとてもしっとりしており、滑りにくい加工です。うっかり手を滑らせて落とすようなことはないと思います。

ロゴのプリントもなく、超ミニマルデザイン。

企業ロゴが入るだけでチープな印象になるため、ロゴ無しはすごく嬉しい。

ケース内側

ケース裏地はスエード調。iPhoneの裏面に傷がつきにくい素材になっています。

こちら側にはロゴが入っていますが、普段は見えないので問題ありません。

色んなケースを調べましたが、ケースの裏面が盲点になる事例がいくつかありました。

ケース自体の色が移ったとか、隙間からチリが入り込みケースを外すとiPhone裏面が傷ついていたなど。

このケースではスエード加工で傷防止・色移りの心配がないため、安心してiPhoneの保護を任せられます。

側面までしっかり保護

続いて側面です。こちらは着信/サイレントスイッチ側。

着信/サイレントスイッチの部分は穴が開けられています。音量ボタンはその左側にある小さな凸を挟んだ左右に位置します。

この突起のおかげで音量ボタンは隠れているものの、位置は簡単にわかるよう配慮されています。

電源ボタン側には、電源ボタンの位置に小さな〇ポツがあります。

最後にスピーカー/Lightnig端子側です。スピーカー部分は穴があけられています。

Lightnig端子部分はケースの着脱を容易にするための切込みが入れられています。


こんな感じで側面は全面カバー。

カメラ部分はケースの方が厚いため、裏面を下にして机においてもガタガタしません。傷も付きにくいです。

iPhone本来の美しさを残せる

美しいフォルムが魅力のiPhone。

私は傷が怖いためケースを使用することにしましたが、そのままの状態で使用したい方も多いはず。

ケースを着けると厚みが増し美しさが損なわることが多いですが、このケースは最小の装飾で全面保護。

iPhone本来のフォルムを維持したまま保護ができます。

実際に触れると、ケースを着けていることを忘れさせるほどの薄さ。

ディスプレイとケースの繋ぎ目もフラット。

もはや純正ケースと謳っても過言ではないほどiPhoneとの相性は抜群。

ただこの薄さゆえに、過度な耐久性は期待できません。落下の衝撃とかは怖いですね。

背面の汚れやすさは気になる

気になるのは、意外と汚れやすいことですね。手汗かいてると背面の汚れがすごく目立ちます。黒だから余計に目立ちやすいのでしょう。

まあ画面を上にして置くことはあまりないと思うので人に見られることはないと思いますが、清潔感を保つなら、まめに拭いてあげる必要がありそうです。

まとめ:これ以上削る要素がない最高のケース

しっとりさらさら質感の超シンプルで、iPhoneと相性抜群なMYNUSのケース。

少し汚れが気にはなりますが、都度拭けば問題ないかなと流せる程度。

これ以上削る要素が見当たらないほどのミニマル感です。

iPhoneの美しいフォルムを楽しみながらもしっかり保護できるケースを求める方は必ず満足できるクオリティです。

2020.7.7追記
▼新色サンドグレーも発売開始したみたいです。