FRESHCLOUDの格安ソロループバンドをレビュー。シームレス&シンプルで個人的定番Apple Watchバンドになりそうな予感

FRESHCLOUDの格安ソロループバンドをレビュー。シームレス&シンプルで個人的定番Apple Watchバンドになりそうな予感

2020年10月4日

Apple Watch Series6の登場と同時に新バンド、ソロループが登場しました。

しかし、バンド単体で約5000円となかなか手を出しづらいお値段。

Amazonで安いバンドが出ないかなと探していたら約1300円(2020.10.4現在)と手頃な値段で販売されていたので購入してみました。

購入したのはFRESHCLOUDというところが販売するソロループバンド。

純正品の約1/4の価格でソロループを体験でき、とれもコスパに優れた製品でした。今回はダークネイビーを購入してみたのでご紹介します。

新ウォッチフェイスとの相性もよくとても気に入りました!

FRESHCLOUDのAppl eWatch用格安ソロループバンドをレビュー
写真はApple Watch Series5 スペースグレイ 40mmモデル

シームレスが魅力のソロループ

このソロループバンドのポイント

  • 純正品の約1/4の価格
  • シームレスでシンプルなデザイン
  • 着脱がとても簡単

シームレスでシンプルなデザイン

FRESHCLOUDのAppl eWatch用格安ソロループバンドをレビュー

繋ぎ目が一切なくシンプルなデザインが最高です。ザ・ミニマルって感じですね。

留め具がないためパソコンでの作業中にデスクに留め具が当たり邪魔にならず非常に快適なバンドです。

FRESHCLOUDのAppl eWatch用格安ソロループバンドをレビュー
留め具がないため机に当たって邪魔にならない

シームレスな作りなので汚れが付着しやすい部分がないうえ、汚れてもお手入れが簡単なことも気に入りました。

今回は格安のものを購入しましたが、むしろ純正品も一度使ってみたくなりました。

着脱がとても簡単

留め具がないため着脱はバンドを伸ばして腕に通すだけ。お出かけに行くときにさっと持ち出してストレスフリーに着用できます。

FRESHCLOUDのAppl eWatch用格安ソロループバンドをレビュー

スポーツバンドなどの留め具のあるバンドと違い、手首全体に一様に着圧がかかるためか、着けていることを感じさせない軽い着用感です。

ちなみに充電中はこんな感じ。バンドをひっくり返しています。

FRESHCLOUDのAppl eWatch用格安ソロループバンドをレビュー

写真の充電器は純正のものではありませんが、ミラネーゼループなどのバンドが分離しないタイプでは、純正の充電器だと充電器の下にバンドを通さないといけない欠点がありました。

ソロループだとバンドを裏返して充電できます。

伸び具合は問題なし

安物だから実はあまり伸びないんじゃないか?と疑っていましたが、問題なく伸びてくれます。

FRESHCLOUDのAppl eWatch用格安ソロループバンドをレビュー

上で着脱シーンを紹介しましたが、この伸び具合であれば着脱は特に苦も無くできています。小さめのサイズだと着脱時に少し引っかかる感じがするかもしれません。

伸縮させ続けたときの耐久性については今後しばらく使用してみないと分かりませんが、問題あれば追記していきます。

接続部分はちょっと作りが甘い?

バンドを引っ張るとApple Watch本体との接続部分で少し隙間ができてしまいます。個人的には値段を考えれば無視できるレベルです。

純正のスポーツバンドでも引っ張ると少し隙間ができますが、明らかにこのバンドほうが大きな隙間になります。

柔らかいシリコン素材だから余計にそうなってしまうだけなのかもしれません。もしかすると私が純正ソロループを触ったことがないから気になるだけで、純正でも多少はこのようになるのでしょうか?

FRESHCLOUDのAppl eWatch用格安ソロループバンドをレビュー

一応、何度か着脱しても外れたり壊れたりすることはなかったため、着用中に外れてしまうということはないと思います。

事前にサイズを確認するのがベター

ソロループはサイズ誤りが非常に多いため事前にサイズ確認をしましょう。サイズ展開は38/40mmと42/44mmでそれぞれS、M、Lサイズがあります。私のApple Watchは40mmなので画像左側のサイズ表をもとに購入しました。

FRESHCLOUDのAppl eWatch用格安ソロループバンドをレビュー
画像はAmazon商品ページより(記事執筆時)

(2020.11.7追記)記事執筆時からサイズ表が変更されています。2つのサイズに当てはまる微妙なラインの時の選び方も補足されているためAmazon商品ページで最新のサイズ表を確認することをお勧めします。

私は腕回り約147mmなのでサイズ表ではぎりぎりSサイズということになります。

ストレッチ150mmと記載されており、伸びた状態で150mmであれば結構ピッタリサイズでキツキツかな?と思いながらもSサイズを選びました。

結果的にはSサイズでちょうど良い着け心地です。これにもう指一本通すと圧迫感がある状態です。

目安としてAppleのバンドサイズ測定ツール(PDF)を利用したときの私のサイズも紹介しておきます。

FRESHCLOUDのAppl eWatch用格安ソロループバンドをレビュー

Appleのバンドサイズ測定ツールで確認すると、ちょうど③と④の間でした。

微妙なラインの場合は小さめのほうを購入するのが良いそうなので、純正ソロループだと私の場合はサイズ③ということになります。

純正ソロループと違いはサイズ展開が3つしかないことです。人によってはしっかりサイズ確認したのにユルユルだったりきつすぎたりすることも考えられます。

まあ1000円ちょっとなので失敗してもいいかなくらいの気持ちで買ったほうがいいかもしれません。

日常使いはこれが定番になりそう

FRESHCLOUDのAppl eWatch用格安ソロループバンドをレビュー

仕事中は華美なバンドは避けようと思い、普段は純正のシリコンバンドを使っていますが、今後はこの格安ソロループを使うことになりそうです。

シンプルなのでどんな格好にも合います。伸びるので洗い物の際、濡れないように着用位置をずらしやすいのも意外と便利。

今回はダークネイビーを購入しましたが、他にもワインレッドやブラックなど6種類のカラバリ(2020.10.4現在)があります。

純正品高いよなあと思っている方、お試しソロループとしておすすめです。

編み込みタイプのブレイデッドソロループもレビューしています。