【DIGIFORCE】デジフォースのスマホスタンドをレビュー。折り畳んで持ち運べるコンパクトサイズ。

【DIGIFORCE】デジフォースのスマホスタンドをレビュー。折り畳んで持ち運べるコンパクトサイズ。

デスクでの作業中に見やすい角度でスマホを置きたくてDIGIFORCE(デジフォース)から販売されているスマホ用スタンドを購入してみました。

アルミニウム素材の無骨なフォルムでとてもカッコいいです。

このスタンドの最大の特徴はフレキシブルで自由に角度調整が可能なため折りたたむとスマホサイズになることこと。

【DIGIFORCE】デジフォースのスマホスタンドをレビュー。折り畳んで持ち運べるコンパクトサイズ。

初めて見るタイプだったので完全にデザインに惹かれて購入しましたが、ポーチに入れても嵩張らない厚みのため、持ち運びやすく自宅以外だと職場でも活躍しています。

さっきー
さっきー

職場やカフェなど、場所を選ばず好きな角度でスマホを使えます!

カラーはシルバー、スペース・グレー、ネイビーブルー、ブラックの4色展開。僕はスペース・グレーを選びました。

良いところ気になるところ
・シンプルでどんなスマホにも合う
・折りたたむとスマホサイズになる
・ポーチに入れて持ち運びやすい
・特になし

外観と付属品

パッケージ内容
  • スタンド本体
  • 説明書
  • 収納ポーチ

スタンド本体と付属品

外箱はこちら。デジフォース製品はパッケージもカッコいいですね。

【DIGIFORCE】デジフォースのスマホスタンドをレビュー。折り畳んで持ち運べるコンパクトサイズ。

スタンド本体のほか、取扱説明書、収納ポーチが付属します。

【DIGIFORCE】デジフォースのスマホスタンドをレビュー。折り畳んで持ち運べるコンパクトサイズ。
スタンド本体、収納ポーチ、説明書

スタンドはアルミニウム製のため、他のガジェット類と一緒に収納すると傷がつく可能性もありますし、収納ポーチが付属するのは嬉しいですね。

【DIGIFORCE】デジフォースのスマホスタンドをレビュー。折り畳んで持ち運べるコンパクトサイズ。

スタンドの外観

対応機種4~8インチ
重量約71g
サイズ約61×135×10mm(折りたたんだ状態)
素材本体:アルミニウム合金
滑り止め:シリコン
収納ポーチ:ベルベット生地
紐:グログランリボン
耐荷重約600g

こちらは折りたたんだ時の様子。フラットな形状です。

【DIGIFORCE】デジフォースのスマホスタンドをレビュー。折り畳んで持ち運べるコンパクトサイズ。

今回のスタンド以外の充電器等にも言えることですが、デジフォース製品はフラットで縁が角ばっているデザインが特徴です。同じ充電器メーカーだとAnkerがありますが、あちらは丸みを帯びた形状が多く、個人的には角ばったデジフォースの方が好みのデザインです。

厚みは約10mmでiPhoneと同じくらい。

【DIGIFORCE】デジフォースのスマホスタンドをレビュー。折り畳んで持ち運べるコンパクトサイズ。

折りたたまれている脚を開くとスタンドになります。

【DIGIFORCE】デジフォースのスマホスタンドをレビュー。折り畳んで持ち運べるコンパクトサイズ。

多くのスマホ用のスタンドは台座と天板が脚で繋がっているタイプや板状の折り畳み式です。台座があるタイプは持ち運ぶには大きいし、板状の折りたたみタイプはスマホを置く部分がたたんだ時に出っ張ってしまい、収納に不便でした。

今回のデジフォースのスタンドも折りたたみ式ではありますが、たたんだ時の形状がフラットなのが良いですね。

スマホを置く部分にはキズ防止のシリコンがあります。

【DIGIFORCE】デジフォースのスマホスタンドをレビュー。折り畳んで持ち運べるコンパクトサイズ。

脚にも滑り止めがあるため、いつの間にか脚が開ききって倒れている心配もありません。

【DIGIFORCE】デジフォースのスマホスタンドをレビュー。折り畳んで持ち運べるコンパクトサイズ。
【DIGIFORCE】デジフォースのスマホスタンドをレビュー。折り畳んで持ち運べるコンパクトサイズ。

スマホを置いてみた様子

スマホを置いてみた様子が下の画像。

【DIGIFORCE】デジフォースのスマホスタンドをレビュー。折り畳んで持ち運べるコンパクトサイズ。

4~8インチのデバイス用ですが、試しにiPad Pro11インチを置いてみたところ、ある程度角度をつけた場合はしっかり支えてくれましたが、少し倒すと角度を維持できませんでした。

iPad miniくらいのサイズであれば問題なさそうですが、あくまでもスマホ用として考えて方が良さそうです。

スマホ下部はケーブルが通せるため、スタンドに置いたまま充電可能です。

【DIGIFORCE】デジフォースのスマホスタンドをレビュー。折り畳んで持ち運べるコンパクトサイズ。

実際に使ってみて

折り畳むとスマホサイズになり持ち運びやすい

他のスマホスタンドとの多きな違いは、折り畳んだときのサイズ感。

スマホと重ねると一目瞭然。iPhone 11 Proに重ねるとすっぽり収まるくらいにコンパクトです。

【DIGIFORCE】デジフォースのスマホスタンドをレビュー。折り畳んで持ち運べるコンパクトサイズ。

折り畳んだ際の厚みはスマホと同程度で、極薄とまでは言えませんが、ポーチに入れても嵩張らない厚みです。

畳んだ際の形状がフラットなのもポイントが高いです。

実際にNative Unionのポーチに入れてみた様子です。スマホ1台分のサイズ感なのでモバイルバッテリーやケーブルなど、他のガジェット類と一緒に持ち歩くことができます。

【DIGIFORCE】デジフォースのスマホスタンドをレビュー。折り畳んで持ち運べるコンパクトサイズ。

自宅のデスクで使おうと購入しましたが、職場でも活躍しています。スタバ等カフェで作業する際にも持っていきやすいですね。極力荷物を減らしたい出張時にも邪魔になりません。

持ち運びやすい故に、場所を問わず見やすい角度を維持できるのがポイントです。

デスクに置いたときのカッコよさ

正直、DIGIFORCEのスタンドを選んだ一番のポイントはデスクに置いたときのカッコよさ。シンプルなApple製品との相性も抜群です。

アルミニウムのボディは机周りのインテリアとしても優秀。この幾何学的な構造に惹かれる方も多いはず。

iPad用にUGREENのタブレットスタンドを使っていますが、 色味、質感ともにDIGIFORCEのスタンドともマッチして統一感があり、とても気に入っています。2つ並べておくとさらにカッコいいです。

【DIGIFORCE】デジフォースのスマホスタンドをレビュー。折り畳んで持ち運べるコンパクトサイズ。

横向きにすればデスクで作業しながら動画を見ることもできます。

【DIGIFORCE】デジフォースのスマホスタンドをレビュー。折り畳んで持ち運べるコンパクトサイズ。

まとめ

他にもスマホ用スタンドとして、MOFT等の直接取り付けるタイプが候補に挙がると思います。

当初、僕もMOFTを検討しましたが正直デザインというか材質があまり好みではなかったので候補から外れてしましました。あとはスマホ事態の厚みが増すが嫌だったというのもあります。そのうち良さげなアクセサリーが出たら購入するかもしれませんが、今のところはスマホとは独立したスタンドが欲しかったのが大きいですね。

持ち運びしやすく個性的なスマホ用スタンドを探している方にお勧めです。