Chromebookでデュアルディスプレイ、使用感や周辺機器など

Chromebookでデュアルディスプレイを試したレポート Chromebook

最近はChromebook使うときにはHHKBをBluetooth接続して尊師スタイル(Quiita:尊師スタイルとは)で使用しているのですが、デュアルディスプレイ環境で利用するのもやはり便利だなと思って、いったり来たりしています。使用しているChromebookはHP Chromebook 13 G1(Core M3-6Y30モデル)です。バックライトキーボードがお気に入り。

とてもかっこいいので週末は意味もなく部屋の明かりを落として、キーの明るさMAXにしています。どっちの環境がベストなのか模索中なのですが、とりあえず今のChromebookデュアルディスプレイ環境と使用感について紹介しようと思います。

スポンサーリンク

デスク環境と周辺機器など

Chromebookでデュアルディスプレイしているときのデスクです。

デュアルディスプレイ環境をやるにあたって、だいぶ古いのですがLGのモニター(E2251VR-BN)を使用しています。ディスプレイ側がType-C入力に対応していないため、Chromebookとの接続はAnker製のUSB Type-C⇔HDMIアダプタを利用して、Chromebook(Type-C)⇔アダプタ⇔モニター(HDMI)としています。

Anker USB-C & HDMI 変換アダプター

Chromebook用のスタンドはCosyLifeのスタンドを利用しています。アルミ製でChromebookの雰囲気にもマッチしていますし、高さも6段階で調節できて便利です。特にチープな感じもありません。

CosyLife ノートパソコンスタンド

 

マウスはLogicoolのM705、キーボードはLogicoolのG512を使用しています。尊師スタイル時はHHKBのBluetoothモデル(PD-KB602B)です。マウスもだいぶ古いのでどこかで買い替えたいです・・・。ChromebookのUSB Type-Aポートが1つしかなく、マウスのレシーバーで埋まってしまうので、マウスもBluetooth接続できるものを検討しています。まあChromebookでType-Aポート使うことあまりないのですが。

 

関連記事>>Chromebook+HHKBで尊師スタイル!ミニマル同士で相性いいかも!

2画面でやっていること

デュアルディスプレイ時はLGモニターをメイン、Chromebookをサブにしています。

基本的にメインのディスプレイでブラウジングや文書作成、ChromebookのほうではYoutube再生させているかAndroidアプリを開いていることが多いです。TwitterやMoneyforward(家計簿アプリ)、Todoist(Todo管理アプリ)など。表示が簡素なAndroidアプリのほうが場合によっては使いやすいですね。それぞれの画面でシェルフの位置を変えています。Chromebookは左、LGモニタは右にしています。

Chromeタブ4〜5個とAndroidアプリのTwitter開きながらYoutube再生させるくらいなら、特にカクつくこともなく問題なく利用できています。

2画面でChromebook使ってみた感想

ブログやSNSメインならとても快適だと思います。家計簿アプリとしてMoneyforwardを利用していますが、普段スマホで入力しているというのもあり、ブラウザ版よりも簡素な表示のAndroidアプリ版が使いやすいです。Winで2画面やるのと大きく違うのはこのあたりでしょうか。

上で挙げたTodoistなどもブラウザでも利用できるのですが、やはりAndroidアプリのほうが慣れていて使いやすいです。ブラウザでやることとアプリでやること、うまく分けてやれればChromebookで2画面でとても快適で作業効率上がるのではないかと思います。

あと作業に関係のないChromeのタブが増えるのが嫌なので、YoutubeはAndroidアプリを使用しているときもあります。↓

Chromrタブが増えるのが嫌なのでアプリでYoutubeを再生

デスクトップで作業するときは「よしやるぞっ!」って感じで気合入れて作業するので、最近はネットで調べ物やYoutubeくらいだったらスマホかChromebook単体でやっていました。Chromebookで2画面作業だとデスクトップで腰を据えて作業するのと、Chromebookのみでさくっと作業するのとの、ちょうど中間あたりの気合の入れ具合に合う感じでしょうか。

起動が速いので、そこまで重たい作業はやらないけど、長文の文書書かなきゃいけないんだよなあ、とかいう場面に向いているかもしれません。

今後もChromebookでデュアルディスプレイ環境メインでやっていくか尊師スタイルでやっていくかはまだ検討中ですが、起動の速さやChrome特化な性能を活かした使い方を模索していこうと思います。