旅行中でもApple Watchを充電。Satechiのコンパクトな充電ドックでバッテリー切れの不安とさようなら

Apple Watch

先日泊りで出かけることになったのですが、そこで問題となったのがApple Watchの充電。というのも純正の充電器はAnkerの2in1充電器に接続しているため、持ち出すには取り外す必要がありちょっと不便。

またケーブルを増やしたくないということもあり、モバイルバッテリーなどに接続してApple Watchを充電できるSatechiのApple Watch充電ドックを購入して使っています。コンパクトでUSB-Cで接続でき、外出中でもバッテリー切れの心配がなくなりとても便利なのでご紹介します。

持ち運びやすいコンパクトなサイズ

サイズはApple Watchよりも一回り大きめ。ポケットにも入るサイズ感です。純正の充電器だと邪魔だったケーブルがなくなるのも大きなメリット。

電車移動の間に充電しようとすると、モバイルバッテリーからケーブルを伸ばして充電する必要がありましたが、この充電器だとモバイルバッテリーに直に接続して充電できるため場所を取らず、すっきりした状態で充電できます。カバンの中でケーブルがぐちゃぐちゃに絡まることもありません。

モバイルバッテリーと持ち歩くと便利

USB-C対応のモバイルバッテリーに直挿しできるためとても便利です。移動中にさっと取り出して充電しておけばよいので、充電切れの不安から解放してくれます。まさに安心を買ったんだなという感じです。

特に、旅行中に電池が切れる心配をしなくてよいのがいいですね。しっかり旅行気分を味わいたいですし。

ちなみに写真のApple WatchのバンドはAmazonで見つけた格安のソロループバンド。純正品が高いため安いものを選んで購入してみましたが、とても快適でむしろ純正バンドも気になってきました。

Apple Watch用の統一感あるデザイン

Apple製品はデザインが非常に洗練されているため、周辺機器を買った際、デザインや質感が微妙に違うだけでかなり違和感が出てくるんですよね・・・。

この充電ドックはApple製品に合わせたシンプルな見た目のため、Apple Watch自体のデザインを損ないません。統一感あるモノ選びをしたい方には嬉しいデザインです。他のApple製品との親和性も高くApple純正と言われても納得してしまいそうです。

裏面にはロゴやRoHSのマークが入っていますがそこまで主張が激しくないので許せるレベルです。

シックなアルミボディでとてもカッコいいです。

まとめ:外出中でもバッテリー切れの不安がなくなる

Apple Watchでsuicaを利用されている方は移動中バッテリー残量が不安になった経験があると思います。コンパクトなので電車移動の間にさっと取り出して充電しておけば途中で電池切れの心配もいりません。動作についてもMFi認証を得ているため安心です。旅行や出張のお供としてぜひ!

タイトルとURLをコピーしました