こんな財布を待っていた!!ミニマルなキャッシュレス生活にピッタリなお財布「PRESSo L」をレビュー。

ミニマルなキャッシュレス生活にピッタリなお財布「PRESSo L」の紹介 ファッション・小物

ブロガーでありYoutuberとしても活動されているトバログさんと、こだわりのレザーアイテムを製作するdripがコラボし開発したお財布「PRESSo L」を購入しました。約2か月ほど使ってみたので使用感を紹介していきます。

「ミニマルなお財布が欲しいけどある程度現金も入れたい」

「見た目も大事だけど、実用性も欲しい」

と思っている方にピッタリのお財布です。

PRESSo Lを選んだ理由

元々iPhoneかApple Watchで買い物することが多く、ほとんど現金を使う機会はありませんでした。使っても会社の自販機か飲み会の割り勘くらい。頻度的には週1回くらいでした。

キャッシュレス化でより一層現金を持ち歩かなくなり、コンパクトなお財布にしようと、「PRESSo」を検討していましたが、もう少し容量が欲しいな・・・と思っていたところに新モデルの「PRESSo L」が登場。

PRESSoの魅力であるミニマル感を残しつつ、少しだけ容量がアップしており、求めていたサイズ感にピッタリでした。

PRESSo Lのいいところ!
  • 小さすぎず、ある程度現金が入るちょうどいい容量
  • 外側の1枚だけ入るカードポケット
  • ミニマルさと実用性のバランスが良い

PRESSo Lの特徴

黒いものが好きなのでブラックにしようかと迷いましたが、アメリカーノを購入しました。

ミニマルさと容量はトレードオフですが、PRESSo Lはそのバランスをぎりぎりのところで保っています。所有欲を満たしつつ実用的で長く使いたいと思えるお財布です。

外観:クレジットカードよりも一回り大きめ

ジップで開閉するタイプのお財布です。傷がつきにくく汚れにくい「アドリアチコ」という革素材を使用しているそうです。つやつやの質感がすごく良く、シンプルで所有欲も満たされるデザインです。

こちらは反対側。ジップを開けなくてもすぐにカードを取り出すことができるポケットがついています。

カードと並べるとこんな感じ。一回り大きいです。ポケットにも余裕で入るサイズで、これだけ持って手ぶらで気軽にお出かけできるのも気に入っているポイントです。

カード用ポケットは4つ

内側にはカード用のポケットが左右各2つずつあります。

私の場合はカードとお札の収納を兼ねています。一応、ポケット外のスペースにも入るので、レシートは折りたたんでここに入れています。

小銭入れ兼小物入れ

真ん中のスペースは小銭入れになっています。SDカードや鍵などの小物も入る容量です。

入れているカードの枚数にもよりますが、内側のポケットにカード4枚入れている状態では、10枚ほど小銭を入れるとまだ余裕はありますが若干張る感じがします。小銭の管理はまめにすることをお勧めします。

外側にカードポケット

よく使うカードを収納できます。さっと取り出すことができてとても便利です。基本的に現金を使わない方であれば、ここのカードだけで普段のお買い物には十分だと思います。

ジップの開閉はスムーズ

ほとんどApple WatchかiPhoneで決済するとはいえ、いざ現金を使おうというときに開閉にもたつくとカッコ悪いですよね。ジップ式のお財布が初めてのため懸念していましたが、引っかかることはなく、とてもスムーズに開閉できています。

収納力は十分、小物も入る

コンパクトな見た目ですが、意外と収納力があります。

普段はクレジットカードや免許証などのカード類と、現金は数枚のお札と硬貨を何枚か入れています。これくらいだったらパンパンに膨らむこともなく余裕をもって収納できています。

ちなみに撮影時はこれだけ入っています。

  • 免許証
  • マイナンバーカード
  • 保険証
  • キャッシュカード
  • クレジットカード
  • 小銭(10円×3枚、100円×4枚、500円×1枚)
  • お札(1000円×3枚)

キャッシュカードと免許証、保険証くらい念のため持っておけばまあ安心かなと。飲み会とか行くときには1万円札も忍ばせておきます。マイナンバーは不要な気もしますね・・・。

若干膨らみますが、まだ余裕はあるため多少おつりが出ても入りきらないということはないです。

ちなみに、財布には入れず余ったカード類は最近買った「SAND IT」というカードホルダーに収納しましています。コンパクトなのに収納力のある優れものです。カードなら15枚まで入ります。

お札を折るのは人によっては面倒と感じる

長財布や折りたたみ式のお財布を使ってきた方にとっては、お札を折りたたむのが少し煩わしく感じるかもしれません。

お札をしまう際もですが、財布から取り出して支払う際にも少し手間がかかります。というのも四つ折りされたお札を開いてから店員さんに出す必要があるためです。1枚であれば問題ありませんが、2枚、3枚取り出そうとすると、手にはすでにPRESSo Lが握られているため、お札を開くのにもたついてしまうことが度々ありました。

とはいえ、私の場合現金を使うのはせいぜい週に一度。あとは飲み会やコインパーキングで駐車料金を払うくらいです。2つ折りの財布を10年近く使ってきましたが、1週間もあればPRESSo Lに慣れたので、普段現金をほとんど使わない方であればそこまで面倒を感じることはないはず。

外側のカードポケットが便利

一枚だけ良く使うカードを入れることができるポケットが便利です。私の場合、タッチ決済に対応したカードをと思いKyashかLINE Payクレジットカードを入れています。

こんなかんじで映画館のチケットなど一時的に保管することもできます。内側のカードポケットに入れても良いですね。

これ1つで気軽にお出かけできる

もっとミニマルなお財布もありますが、容量が少なすぎて小銭入れやカードケースも常に持ち歩くとなると、ミニマルを目指していたのに本末転倒になりそうで悩んでいました。毎日持ち歩くものなので見た目ももちろんですが実用性も重要だと思います。

キャッシュレス時代とは言いつつも、まだまだ現金やカードを使う機会はありますよね。このPRESSo Lはこれだけ持って行けば十分と思えるだけの現金とカードが入るちょうど良い容量とミニマル感です。私はポケットに入れてガシガシ使っていきたいタイプですが、傷もつきにくくタフさもあると感じています。ミニマルと実用性兼ね備えたお財布をお探しの方におすすめです。

PRESSo L (drip)

タイトルとURLをコピーしました