2023年に買ってよかったモノ

小さめで持ち運びやすい!300円で買える3COINS(スリコ)のガジェットポーチがおすすめ

当ページのリンクには広告が含まれています。

最近3COINS(スリコ)のガジェットがすごいという話をよく聞くので立ち寄ってみたところ、よさげなガジェットポーチを見つけました。

なんと300円(税込330円)とワンコイン以下!

家計に優しいのがありがたい・・・。お買い得すぎて思わず買ってしまいました。

実際に使ってみたところ、ケーブルや充電器を収納しやすくかなり使いやすかったです。特に荷物少なめの方はちょうど良いサイズだと思います。

安くても使いやすいガジェットポーチを探している方におすすめです。

良い点
  • バッグに入れやすい小さめなサイズ
  • ガバッと両側に開いて中身が全て見える
  • 充電器やケーブルを固定できるバンドが便利
  • 男女・年齢問わず誰でも使えるシンプルデザイン
悪い点
  • 防水性が無い
目次

スリコのガジェットポーチにはお出かけに必要なガジェット一式が入る

スリコのガジェットポーチはスタバなどで作業する時に活躍します。どれだけのガジェットが入るのか例を出してみました。

3COINS(スリコ)のガジェットポーチの中に入れているガジェット類

実際に入れてみた様子がこちら。

3COINS(スリコ)のガジェットポーチの中身

小物をメッシュポケットに収納、充電器やケーブルをバンドに固定しています。

モバイルバッテリー、SDカードリーダー、充電ケーブル、Apple Watch充電器、充電器、必要なもの一式入ります。ケーブルどれ?ってなりそうなので補足ですが、できるだけ荷物を減らすためにコンパクトな6 in 1のケーブルを持ち歩いています。

長時間作業する時はこんな感じ。MacBook用にマウスも持っていきます。少しパンパンになりますがちゃんと入ります。

3COINS(スリコ)のガジェットポーチに入れているもの(長時間の作業用)

バッテリー残量が不安になるためケーブルも。バンドで固定すると絡まなくて便利です。

マウスが無ければかなり空きが出るのでイヤホン等、他にも入る余裕があります。

スリコのガジェットポーチのサイズ感と内側の様子

スリコのガジェットポーチの製品情報は以下の通り。

サイズ約17cm×11.5cm×6.5cm
重さ約62.5g
素材側生地:ポリエステル
中材:発泡ポリエチレン

ガジェットポーチは基本的にバッグインバッグで持ち運びますよね。そのため軽く・コンパクトであることはかなり重要なポイント。

このポーチは約62.5gと軽くバッグに入れて持ち運びやすいです。ガジェットポーチとしては小さめな印象ですが、日常的に使うガジェット一式を入れるには十分です。

コンパクトだけど小さすぎないサイズ感がかなり気に入っています。

生地はポリエステルで高級感はありませんが、そこまでチープな印象もありません。

外側

無地のシンプルな外観。ロゴは入っていません。

3COINS(スリコ)のガジェットポーチの外観
3COINS(スリコ)のガジェットポーチの外観

iPhone 14 Proと並べてみると一回り大きいですが、これでも十分コンパクト。小さめのボディバックにも入ります。ちなみに僕はBellroyのボディバッグに入れて持ち運んでいます。

3COINS(スリコ)のガジェットポーチの外観

内側

こちらはポーチを開けた様子。

3COINS(スリコ)のガジェットポーチを開けた様子

ケーブルや充電器を固定できる3つのバンドが付いています。

3COINS(スリコ)のガジェットポーチの中身のバンド

反対側にはメッシュポケット。大きめと小さめの2サイズです。SDカードなど小物を入れるのに便利です。

3COINS(スリコ)のガジェットポーチの中身のメッシュポケット

スリコのガジェットポーチの良い点

バッグに入れやすい小さめなサイズ

近所のマクドナルドで作業することが多いのですが、人気店でいつも人が多く、1人用の狭い席しか空いていないことも。

荷物の置き場所に困り諦めて家で作業するという方もいるかもしれませんが、スリコのガジェットポーチなら小さくて邪魔になりません。こんな感じでMacBookの隣に置けるくらいコンパクト。

3COINS(スリコ)のガジェットポーチをマクドナルドで使ってみた様子

またポーチ単体で自立するため狭くても置きやすいです。底面はガチガチにというわけではありませんが、自立しやすいよう平らで固めの作りになっています。

ガバッと両側に開いて中身が全て見える

左右はそれぞれバンド式、メッシュポケット式になっています。開けた瞬間、何がどこにあるか分かるのが便利です。

3COINS(スリコ)のガジェットポーチの中に入れているもの

特にSDカードなど小さい物はどこに入っているか分からなくなり、無くしたか!?と焦ることもあるのでこの仕様は助かります。

3COINS(スリコ)のガジェットポーチのメッシュポケットにガジェットを入れた様子
メッシュで中が透けて見えやすい

またファスナーは左右どちらにも開くダブルファスナー仕様で開閉しやすいです。

3COINS(スリコ)のガジェットポーチのファスナーはダブルファスナー仕様

充電器やケーブルを固定できるバンドが便利

3COINS(スリコ)のガジェットポーチはバンドが便利

ポーチ自体にバンドが付いていて、ケーブルバンドが無くてもポーチの中でケーブルが絡まることがありません

充電器も固定可能。ポーチの中で定位置が決まり、ごちゃごちゃせず綺麗に整理できます。

男女・年齢問わず誰でも使えるシンプルデザイン

ロゴが一切ないシンプルデザイン。余計な装飾がなく男女・年齢問わず誰でも使えるデザインです。

外側の素材はポリエステルのため高級感はありませんが、個人的には使っていてダサく感じることはありませんでした。

スリコのガジェットポーチの注意点

防水性は無い

ここが悪いと言える部分が特に出てこないのですが、1つ注意点を挙げるとすれば防水性が無いこと。

急な雨や飲み物をこぼしたりには耐性がありません。

まとめ:300円とは思えない満足感

小さくても必要なものがしっかり入るスリコのガジェットポーチのご紹介でした。

日常使いしやすい設計でこのクオリティが300円(税込330円)で手に入るのは驚きです。強いて言えば防水だとよかったけど、余計な機能が無いゆえのこの価格だと思えば特に不満はありません。

正直なところ、これまでずっと使ってきた約4000円のNative Unionのガジェットポーチから完全に乗り換えてしまいました。ブランド物のガジェットポーチと比べると高級感はありませんがコスパは最高です。

安くても使いやすいガジェットポーチを探している方にはピッタリです。

スリコを見かけたら是非チェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると嬉しいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次